お祝い事の対応

選挙当選への祝電の文例・タイミング・送り先などを実践的に紹介します

選挙当選

皆さんは選挙で当選した候補者の方に、祝電を打ったことがありますか。

企業で秘書や総務の関係の仕事をしている人でも、選挙で当選した人に祝電を打つ機会はあまりないかもしれませんね。

でも、会社でお世話になっている人が選挙に出て当選し、急に祝電を打つことになったとしたら戸惑ってしまいますよね。

そのような、選挙の当選の祝電を打つのに困っている人は、この記事を参考にしてください。

この記事では、会社から当選者に祝意を伝えるために、相手の状況に合わせたオリジナリティのある電文をご紹介するとともに、選挙の当選の祝電を打つタイミングや、祝電の送り先なども含めて、私が秘書時代にどのように選挙の当選への祝意対応をしていたかをご紹介させていただきます。

選挙の当選者へ、会社から急に祝電を打つようになった際の参考にしていただければ幸いです。

選挙の当選祝いの対象者

私が企業の秘書をしていたときに、次のような候補者の方に選挙の当選のお祝いを、会社からしていました。

・会社の所在地でお世話になっている候補者

・業界でお世話になっている候補者

・会社と関わりの深い地域でお世話になっている候補者

・会社の取引でお世話になっている候補者

・会社のトップと個人的に関わりのある候補者

候補者といいましても国政から地方議員など様々ですが、衆議院、参議院、都道府県議会、市議会の議員など全ての候補者について、また知事や市長も含めて上記の条件に当てはめて祝意対応を検討していました。

投票箱

選挙の当選祝いは祝電を送るだけにしていた

政治資金規正法による当選者へのお祝いの規制

選挙の当選祝いを考えるときに、「政治資金規正法」により、当選者へのお祝いが規制されているということを念頭に入れておく必要があります。

選挙後に行う当選祝いは、候補者への政治活動に関する寄附とみなされます。

候補者への寄附は、個人からなら許されますが、会社・労働組合・職員団体・その他の団体は、政党及び政治資金団体以外の者に対しては、政治活動に関する寄附をしてはならない、と定められています(政治資金規正法第二十一条)。

すなわち、前述の対象者が当選しましても、会社からお祝いを贈ることができないということになります。

ちなみに、個人から当選した一候補者へのお祝いをすることはできますが、お酒や花などの物品に限られ、金銭や有価証券は渡すことはできません。

当選祝いを祝電だけにする理由

当選祝いをする対象者に、会社からお祝いを贈れないので、どのように祝意を表すのか。

一つの方法として、会社の代表者個人からのお祝いとして、物品を贈るという方法があります。

しかし、その費用を会社で負担しますと、会社の代表者の個人的な出費を会社が肩代わりすることになり、それもよくありません。

そこで、私が勤めていた会社では、対象となる当選した候補者に、祝電を送っていました。

電報なら寄附にはならないと思いますし、祝意を充分伝えることができます。

今まで、会社から一候補者への祝電で摘発されたケースを見たことがありませんし、電報会社の「選挙」のカテゴリーの欄でも、会社や団体からの当選への祝電はお断りとは記載されていませんので、当選した候補者に祝電を送っても大丈夫だと思います。

但し、電報各社が取り扱っている胡蝶蘭の鉢植え付き電報などは、寄付になると思いますので使わず、文章だけのシンプルな祝電にしていました。

だるま

選挙の当選の祝電を送るタイミング

選挙の当選の祝電を打つタイミングは、投票日翌日の午前中に届くようにしていました。

最近は当落の結果が早くわかるようになっており、投票日当日にはほとんど結果が出ていますので、できるだけ早く祝意を伝えるようにしていました。

選挙の前から、当選したときに祝意対応をする候補者をリストアップしておき、事前に祝電の文案なども考えておくと早い対応ができます。

選挙の当選の祝電の送り先

選挙の当選の祝電は、議員事務所や後援会事務所や自宅に送るようにしていました。

現職の国会議員であれば、議員会館に送っていました。

祝電の送り先は、選挙事務所でもいいのかもしれませんが、選挙事務所は仮設の場合が多いので、祝電が着いたときには選挙事務所が既に撤去されているかもしれません。
ですから、選挙事務所に祝電を送るのは避けていました。

リボン

選挙の当選の祝電を作成

選挙の当選の祝電文例

選挙の当選の祝電の文面は「ご当選、誠におめでとうございます。健康に留意されご活躍されますことをお祈り申し上げます。」というような一般的な文面では、先方にこちらの祝意が伝わらないので、次のように相手の状況に即したような祝電の文面にしていました。

<例1:初当選の国会議員に送る場合>
初のご当選、誠におめでとうございます。
若い力を遺憾なく発揮され、国会に新しい風を吹き込んでいただきますようご期待申し上げます。

<例2:経済の専門知識を持ったベテランの地方議員に送る場合>
この度のご当選、誠におめでとうございます。
○○市の経済発展のため、長年培われた知識を今後とも遺憾なく発揮されますことをお祈り申し上げますとともに、ご健康に留意し一層のご活躍を祈念いたします。

<例3:環境問題で実績のある再選の市長に送る場合>
ご当選を心からお祝い申し上げます。
○○市の環境問題が○○様のご尽力により著しく緩和されましたが、今後とも健康に留意され、住みよい街づくりのため一層のご活躍をお祈り申し上げます。

以上のように、
・初当選の人には、若い力への期待
・専門知識を持った人には、その知識を政治に活かしていただくことへの期待
・実績のある人には、今までの実績への敬意と一層の期待
などを文面に加味しています。

また、大差で当選した人へは、「圧倒的勝利でのご当選、誠におめでとうございます。」というような選挙結果を入れた文面にすることもありました。

反対に僅差で当選した場合は、「苦しい選挙戦ではありましたが、○○様がきっと勝利されることと確認しておりました。」というような文面も考えられますが、僅差の場合はサラッと流すようにしていました。

差出人は会社の代表者(社長や会長)にしていました。

尚、一般的な文章は次の電報会社サイトの「当選」の文例集を参考にしてください。
↓↓↓
NTT東日本の当選祝電文例
VERY CARDの当選祝電文例
でんぽっぽの当選祝電文例

尚、電報についてはこちらの記事も参考にしてください👉受取る人に感動を与える電文の作り方を秘書の経験を基に紹介します

【広告】

選挙の当選への祝電で避けるべき言葉

選挙の当選への祝電の文面を作成するときに、避けるべき言葉があります。

次のような避けるべき言葉は、使わないようにしていました。

●落選を連想させる言葉
落ちる、外れる、敗れる、逃す、倒れる、惜しくも、失う など

●衰退を連想させる言葉
先行き不安の中、厳しい経済情勢の中、不況、失速、不景気 など

祝マーク

最後に

私の企業での秘書時代に、選挙に当選した候補者への祝意対応をしていた事例について紹介させていただきましたが、参考になりましたでしょうか。

選挙の当選へのお祝いは、他のお祝いと比べていろいろな規制がありますが、その中で、競合他社より優位に祝意対応をすることが大事だと思います。

この記事でのポイントは次のとおりです。

ポイント

・選挙の当選祝いは、会社がお世話になっている人に、「政治資金規正法」引っかからないように、祝電を打つだけの対応にしている

・選挙前から当選したときに祝電を打つ人をリストアップして、祝電の文面も考えている

・当選の祝電は、投票日の翌日の午前中に届くように打っている

・当選の祝電には先方の状況に即した文面を入れている

お読みいただきまして有難うございます。