慶弔マナー

袱紗とは?袱紗の使い方、お薦めの袱紗などを秘書経験を基に紹介します

袱紗包み方

慶事(お祝い事)や弔事(お悔やみ事)で熨斗袋を渡すときに、袱紗(ふくさ)という風呂敷のようなものに包みますが、 袱紗で包む場合も慶弔マナーがあります。

袱紗とは何か、袱紗でどのように熨斗袋を包んで、どのように渡すのかを、詳しくご説明したいと思います。

また、私の長年の秘書経験を基にした、お薦めの袱紗や、袱紗での包み方をどのように覚えたのかもご紹介させていただきますので、参考にしていただければ幸いです。

袱紗(ふくさ)とは

袱紗(ふくさ)とは、元々は絹や縮緬(ちりめん)のような柔らかい裂地(きれじ:織物のこと)のことをさすそうです。

慶事の際に重箱の上や、進物の上にかけるものを掛け袱紗といい、慶事や弔事の際に熨斗袋を包んだりするために、比較的小ぶりにつくられているのを包み袱紗といいます。

その役割は、進物や熨斗袋の水引がくずれたり汚れないようにしたり、角が折れないようにするためだそうです。

また、茶の湯で茶道具をぬぐい清めたり、茶碗その他の器物を扱うのに用いたりする、縦9寸(約27センチ)横9寸5分(約29センチ)の絹布も袱紗といいます。

この記事では包み袱紗についてご紹介させていただきます。

袱紗(包み袱紗)の種類

熨斗袋を包む袱紗には、小風呂敷台付きふくさ封ふくさなどがあり、本来は「帛紗」と書き表わすそうですが、最近は他のふくさも合わせて袱紗と書くようです。

小風呂敷は風呂敷のように正方形でシンプルなもので、使い終わったら小さく折りたたんでしまえます。

台付き袱紗は金封を乗せる台がある風呂敷タイプの袱紗で、金封の四隅を留められるようになっていたり、爪で裏側を固定できるものもあります。

金封袱紗は長財布のような形で、袋を挟み込んで使用するもので、カバンなどに入れても崩れず扱いやすいのですが、略式とされているそうです。

色は、慶事用には、赤色・朱色・エンジ色などの暖色を、弔事用には、緑色・藍(青)色・鼠色などの寒色を用います。

紫色は慶事・弔事のどちらにも使用(兼用)ができます。

お薦めの袱紗

私は会社で使用する袱紗は、紫色小風呂敷を使っています。

ビジネスシーンでは機能性を重視し、コンパクトに使えるのが便利だと思うからです。

紫でしたら慶弔どちらにも使えますので、1枚だけで事が足ります。

小風呂敷ですと熨斗袋をお渡ししたあとは、小さく折りたたんでポケットにしまうことができます。

広げた袱紗私が使用している袱紗は1辺が45cmの紫のものです
たたんだ袱紗台付き袱紗と違って小さくたためてポケットにも入ります

 

袱紗の包み方

慶事と弔事では袱紗の包み方が違う

袱紗の包み方は慶事と弔事では異なります。

結婚式などの慶事は右開きで下隅を上に、葬儀などの弔事は左開きで上隅を上にします。

慶事の袱紗の包み方

慶事袱紗

①袱紗を広げて、熨斗袋を中央から少し左に置きます

②四隅の左を折ります(図①の線の部分を右に折る)

③上隅をたたみます(図②の線の部分を下に折る)

④下隅をたたみます(図③の線の部分を上に折る)

⑤右隅をたたんで出来上がりです(図④の線の部分を左に折る)

慶事袱紗

弔事の袱紗の包み方

弔事袱紗

①袱紗を広げて、熨斗袋を中央から少し右に置きます

②四隅の右を折ります(図①の線の部分を左に折る)

③下隅をたたみます(図②の線の部分を上に折る)

④上隅をたたみます(図③の線の部分を下に折る)

⑤左隅をたたんで出来上がりです(図④の線の部分を右に折る)

弔事袱紗

袱紗の包み方はこうして覚える

袱紗の包み方は、なぜ慶事が右開きで弔事が左開きか?

それは昔の着物の衿の合わせ方に由来しているという説があるようです。

ですが、そのようなことを知るより、私は次のように袱紗の包み方を覚えるようにしています。

昔から右は縁起がよくて、左は縁起が悪いようにされていたように思います。

私が小さい頃の親は、子供が左利きだと無理に右利きに直すようにしていました。

それは、例えば自動販売機のコイン投入口が右にあるように、世の中が右利き優先になっていることもありますが、左利きは縁起が悪いというような考えがあったからではないかと思います。

ですから私は袱紗の包み方の根拠を、縁起のよい右開きは慶事縁起の悪い左開きは弔事というように覚えるようにしています。

上下のたたみかたは、慶事のときは上隅を折った後に下隅をたたみますが、これには下から手をかざして喜びのおすそ分けをいただくからと覚えるようにしています。

また、弔事のときは下隅を折った後に上隅をたたみますが、これは悲しくて涙を流している様子を表しているからと覚えるようにしています。

本来の由来を知ることは大切で、それを知ることによって慶弔マナーがなぜこうなるのかが理解でき、やり方を覚えることができます。

只、袱紗の包み方は由来を調べても理解しにくく、私が覚えやすいようにこじつけて自分の世界で由来を作りました。

袱紗に包んだ祝儀袋・不祝儀袋の渡し方

袱紗で包んだ熨斗袋の渡し方も、慶事と弔事では異なります。

具体的には次のとおりです。

慶事の場合(祝儀袋の渡し方)

①左手のひらに袱紗を置き、右手で袱紗を開きます。

②相手から表書きが読めるように、時計回りに回して向きを変えます。

③畳んだ袱紗を台代わりにして熨斗袋をのせます。

④下の部分をお相手に向けて両手で渡します。

慶事袱紗開き方

弔事の場合(不祝儀袋の渡し方)

①右手のひらに袱紗を置き、左手で袱紗を開きます。

②相手から表書きが読めるように、反時計回りに回して向きを変えます。

③畳んだ袱紗を台代わりにして熨斗袋をのせます。

④下の部分をお相手に向けて両手で渡します。

弔事袱紗開き方

袱紗がない場合の対応

急にお祝いやお悔やみの贈りものをすることになった際に、袱紗をすぐに用意できない場合があるかもしれません。

とっさの場合の袱紗の代用品として、ハンカチを使えばいいそうです。

ハンカチでもタオル地のものは、普段使いの感じがしますので、避けた方が良いでしょう。

できれば、アイロンをかけてしわを伸ばした状態が良いと思います。

色は袱紗と同じで、お祝い事の場合は暖色系、お悔やみ事の場合は寒色系を使います。

包み方も袱紗と同じで、お祝い事の場合は右開き、お悔やみ事の場合は左開きになるように熨斗袋を包みます。

渡し方も袱紗のときと同様です。

ただし、ハンカチを使用するのはあくまでも緊急の場合ですので、社会人なら、特に秘書や総務関係の人なら、いつ何時に慶弔対応をしなければならないかわかりませんので、常に袱紗を用意できるようにしておく必要があると思います。

その際に、前述のように紫の袱紗を用意しておくと、お祝い事もお悔やみ事も両方使えますので、常備品としては便利です。

【広告】

 

最後に

今回は袱紗について、私が使用しているものや、包み方の自分なりの覚え方をご紹介しました。

自分よがりだったかもしれませんが、少しは参考になりましたでしょうか。

念のために、私が実行しているポイントを申し上げます。

ポイント

・紫色の小風呂敷の袱紗は慶弔のどちらにも使用でき、コンパクトに折りたためるので、ビジネスシーでは便利。

・昔は左は不吉と思われていたと覚えていると、袱紗の包み方が慶事は右開き、弔事は左開きということが覚えやすい。

・喜びのおすそ分けをいただくために、慶事では上隅を折ったあとで下隅をたたみ、悲しくて涙を流しているような表現をするために、弔事では下隅を折ったあとで上隅をたたむ。

慶弔のマナーはどうでもいいようなことも結構ありますが、相手に不快な思いをさせないようにするために、きちんと守っていきたいと思います。